1CHIBONホーム小説思春期の繊細な心の揺れを描いたファンタジー。人生で1番良かった本「マウス」を紹介!
23歳女性会社員の人生で1番良かった本

思春期の繊細な心の揺れを描いたファンタジー。人生で1番良かった本「マウス」を紹介!

この本が人生で1番良かった理由
23歳 女性
会社員

中学生の頃の臆病で平凡な自分をほんの少し、好きになれた本です。ありのままも素敵じゃないかと、気付くことができるはず。

リアルな教室の中の立ち位置、発言のひとつひとつに気を張っていたあの頃の描写。少女の成長過程にある窮屈さと思春期の繊細な心の揺れが、少しのファンタジーと共に丁寧に綴られています。
こんな人におすすめ
人生迷っている人
子ども
学生

マウスの内容

私は内気な女子です――無言でそう訴えながら新しい教室へ入っていく。
早く同じような風貌の「大人しい」友だちを見つけなくては。
小学五年の律(りつ)は目立たないことで居場所を守ってきた。
しかしクラス替えで一緒になったのは友人もいず協調性もない「浮いた」存在の塚本瀬里奈。
彼女が臆病な律を変えていく。(講談社文庫)

(Amazonより)

著者:村田沙耶香
出版社:講談社

 

created by Rinker
¥616 (2021/10/17 05:30:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

この本も好きかも?
×