1CHIBONホーム小説人生のマジックアワーを描いた、20代の青春物語。人生で1番良かった本「明け方の若者たち」を紹介!
26歳女性会社員の人生で1番良かった本

人生のマジックアワーを描いた、20代の青春物語。人生で1番良かった本「明け方の若者たち」を紹介!

この本が人生で1番良かった理由
26歳 女性
会社員

カツセさんの絶妙な言葉選びが「人生のマジックアワー」について語られていて秀逸です。こんなに人を好きになってみたかったと、主人公に嫉妬します。

こんな人におすすめ
人生迷っている人
学生
社会人

明け方の若者たちの内容

近くて遠い2010年代を青々しく描いた、人気ウェブライターのデビュー小説。

「私と飲んだ方が、楽しいかもよ笑?」
その16文字から始まった、沼のような5年間。

明大前で開かれた退屈な飲み会。そこで出会った彼女に、一瞬で恋をした。本多劇場で観た舞台。「写ルンです」で撮った江の島。IKEAで買ったセミダブルベッド。フジロックに対抗するために旅をした7月の終わり。
世界が彼女で満たされる一方で、社会人になった僕は、”こんなハズじゃなかった人生”に打ちのめされていく。息の詰まる満員電車。夢見た未来とは異なる現在。深夜の高円寺の公園と親友だけが、救いだったあの頃。

それでも、振り返れば全てが、美しい。
人生のマジックアワーを描いた、20代の青春譚。

(版元ドットコムより)

著者:カツセマサヒコ
出版社:幻冬舎

 

created by Rinker
¥1,247 (2021/10/17 06:27:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

明け方の若者たちを無料で読む方法

こちらの本はAmazonの運営するAudibleで聴くことも可能です!初回30日間の無料期間あり。

 

この本も好きかも?
×