1CHIBONホーム小説辛い時、背中を押してくれる。人生で1番良かった本「西の魔女が死んだ」を紹介!
29歳女性会社員と14歳女子学生の人生で1番良かった本

辛い時、背中を押してくれる。人生で1番良かった本「西の魔女が死んだ」を紹介!

この本が人生で1番良かった理由
29歳 女性
会社員

中学生のとき読みました。
中学生になって人間関係に戸惑っていた時、この本を読んで自分のこの時の気持ちを言葉にしてもらえたようでとても心に残りました。今でも辛い時ふと開いては自分の背中を押して貰います。

14歳 女性
学生

自分に自信を持ちたい時や元気になりたい時にふと読みたくなる。

何度読んでも家族愛に溢れていて最後の展開で感動してしまう。
こんな人におすすめ
子ども
学生
悩みが絶えない人

西の魔女が死んだの内容

二度と再び、まいの世界が元に戻ることはなかった。

学校に足が向かなくなった少女が、大好きな祖母から受けた魔女の手ほどき。
何事も自分で決めるのが、魔女修行の肝心かなめで……。

中学に進んでまもなく、どうしても学校へ足が向かなくなった少女まいは、季節が初夏へと移り変るひと月あまりを、西の魔女のもとで過した。
西の魔女ことママのママ、つまり大好きなおばあちゃんから、まいは魔女の手ほどきを受けるのだが、魔女修行の肝心かなめは、何でも自分で決める、ということだった。喜びも希望も、もちろん幸せも……。

その後のまいの物語「渡りの一日」併録。

(Amazonより)

著者:梨木 香歩
出版社:新潮社

 

created by Rinker
新潮社
¥572 (2021/10/17 06:33:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

この本も好きかも?
×