1CHIBONホーム小説主人公の前向きで清潔感のある気持ちがとても綺麗。人生で1番良かった本「スキップ」を紹介!
32歳ワーキングママの人生で1番良かった本

主人公の前向きで清潔感のある気持ちがとても綺麗。人生で1番良かった本「スキップ」を紹介!

この本が人生で1番良かった理由
32歳 女性
ワーキングママ

1日1日を大切に生きよう、と思えるような小説。
主人公の前向きで清潔感のある気持ちがとても綺麗。

こんな人におすすめ
子ども
学生

スキップの内容

昭和40年代の初め。
わたし一ノ瀬真理子は17歳、千葉の海近くの女子高二年。
それは九月、大雨で運動会の後半が中止になった夕方、
わたしは家の八畳間で一人、レコードをかけ目を閉じた……
目覚めたのは桜木真理子42歳。
夫と17歳の娘がいる高校の国語教師。
わたしは一体どうなってしまったのか。
独りぼっちだ――
でも、わたしは進む。
心が体を歩ませる。
顔をあげ、《わたし》を生きていく。

(Amazonより)

著者:北村 薫
出版社:新潮社

 

created by Rinker
¥935 (2021/10/16 13:22:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

この本も好きかも?
×