1CHIBONホーム小説上を向いて歩こうって思える、心が楽になる一冊。人生で1番良かった本「スーツケースの半分は」を紹介!
28歳福祉女性の人生で1番良かった本

上を向いて歩こうって思える、心が楽になる一冊。人生で1番良かった本「スーツケースの半分は」を紹介!

この本が人生で1番良かった理由
28歳 女性
福祉

人生は「こうならなきゃ、ああしなきゃ、」と縛られる必要はないし、自分なりに納得できれば失敗も大切な思い出になる。楽しく、等身大に、上を向いて歩こうって思えた。心が楽になる本でした。

こんな人におすすめ
人生迷っている人
悩みが絶えない人
社会人

スーツケースの半分はの内容

三十歳を目前にした真美は、フリーマーケットで青いスーツケースに一目惚れし、憧れのNYへの一人旅を決意する。
出発直前、ある記憶が蘇り不安に襲われるが、鞄のポケットから見つけた一片のメッセージが背中を押してくれた。
やがてその鞄は友人たちに手渡され、世界中を巡るうちに“幸運のスーツケース”と呼ばれるようになり……。

人生の新たな一歩にエールを贈る小説集。

(Amazonより)

著者:近藤史恵
出版社:祥伝社

 

created by Rinker
¥648 (2021/10/16 10:22:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

この本も好きかも?
×