1CHIBONホーム小説人物描写と主人公のひねくれた性格が最高。人生で1番良かった本「自負と偏見」を紹介!
46歳女性会社員の人生で1番良かった本

人物描写と主人公のひねくれた性格が最高。人生で1番良かった本「自負と偏見」を紹介!

この本が人生で1番良かった理由
46歳 女性
会社員

人物描写と主人公のひねくれた性格が最高。こんな人いるいると思いながら19世紀イギリスが楽しめる。「人は変わる」も「人は変わらない」も含まれていて意外と深い。20代の頃から何度も読み返しています。

こんな人におすすめ
社会人

自負と偏見の内容

イギリスの静かな田舎町ロングボーンの貸屋敷に、資産家ビングリーが引っ越してきた。
ベネット家の長女ジェインとビングリーが惹かれ合う一方、次女エリザベスはビングリーの友人ダーシーの気位の高さに反感を抱く。
気難しいダーシーは我知らず、エリザベスに惹かれつつあったのだが……。
幸福な結婚に必要なのは、恋心か打算か。
軽妙な物語(ストーリー)に普遍の真理を織り交ぜた、永遠の名作。

(版元ドットコムより)

著者:ジェイン オースティン
翻訳:小山 太一
出版社:新潮社

 

created by Rinker
¥979 (2021/10/16 08:22:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

この本も好きかも?
×