1CHIBONホームビジネス書読解力の重要性を思い知らされる一冊。人生で1番良かった本「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」を紹介!
25歳男性会社員の人生で1番良かった本

読解力の重要性を思い知らされる一冊。人生で1番良かった本「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」を紹介!

この本が人生で1番良かった理由
25歳 男性
会社員

読解力の重要性を改めて認知した。

こんな人におすすめ
学生
社会人

AI vs. 教科書が読めない子どもたちの内容

東ロボくんは東大には入れなかった。
AIの限界ーー。
しかし、”彼”はMARCHクラスには楽勝で合格していた!これが意味することとはなにか?
AIは何を得意とし、何を苦手とするのか?

AI楽観論者は、人間とAIが補完し合い共存するシナリオを描く。
しかし、東ロボくんの実験と同時に行なわれた全国2万5000人を対象にした読解力調査では恐るべき実態が判明する。
AIの限界が示される一方で、これからの危機はむしろ人間側の教育にあることが示され、その行く着く先は最悪の恐慌だという。
では、最悪のシナリオを避けるのはどうしたらいいのか?

最終章では教育に関する専門家でもある新井先生の提言が語られる。

(版元ドットコムより)

著者:新井 紀子
出版社:東洋経済新報社

 

created by Rinker
¥1,568 (2021/10/25 23:48:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

AI vs 教科書が読めない子どもたちを無料で読む方法

こちらの本はAmazonの運営するAudibleで聴くことも可能です!初回30日間の無料期間あり。

こちらの本は要約サービスFliyerにてプロによる要約を読むこともできます!初回7日間の無料期間あり。

 

この本も好きかも?
×