1CHIBONホーム小説高校時代の瑞々しい感情が蘇る。人生で1番良かった本「ガーデン・ロスト」を紹介!
25歳女性会社員の人生で1番良かった本

高校時代の瑞々しい感情が蘇る。人生で1番良かった本「ガーデン・ロスト」を紹介!

この本が人生で1番良かった理由
25歳 女性
会社員

4人の女子高生たちのオムニバス形式の物語なのですが、誰かしらに共感できるような部分があります。高校生特有の「自分たちは無敵だ」という根拠のない(しかし貴重な)全能感と「子供ではないが大人でもなく、どこにも行けない」鬱屈とした空気が描かれており、自分はひとりじゃない、この感覚を覚えているのはひとりじゃないと感じられる点と高校時代の瑞々しい感情が蘇る点が深く刺さりました。

これから高校生になる子も、いま高校生の子も、かつて高校生だった子にも読んでほしい本です。
こんな人におすすめ
子ども
学生
社会人

ガーデン・ロストの内容

眠れない夜を生きる少女たちの失花園。
誰にでも、失いたくない楽園がある。
息苦しいほどに幸せな安住の地。
しかしだからこそ、それを失う痛みは耐え難いほどに切ない。
誰にでも優しいお人好しのエカ、漫画のキャラや俳優をダーリンと呼ぶマル、男装が似合いそうなオズ、毒舌家でどこか大人びているシバ。
花園に生きる女子高生4人が過ごす青春のリアルな一瞬を、四季の移り変わりとともに鮮やかに切り取っていく。
壊れやすく繊細な少女たちが、楽園に見るものは――。
『ミミズクと夜の王』 の紅玉いづきが挑む、初の現代小説。

(Amazonより)

著者:紅玉 いづき
出版社:KADOKAWA

 

created by Rinker
¥578 (2021/10/17 06:03:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

ガーデン・ロストを無料で読む方法

こちらの本はU-NEXTにて無料登録後のポイント獲得で読むことができます!



 

この本も好きかも?
×