1CHIBONホーム哲学読むたびに、いろいろな考えが出てくる!人生で1番良かった本「アランの幸福論」を紹介!
19歳男子学生の人生で1番良かった本

読むたびに、いろいろな考えが出てくる!人生で1番良かった本「アランの幸福論」を紹介!

この本が人生で1番良かった理由
19歳 男性
学生

人間の心理ともいえる根本的なことを単純に教えてくるのではなく、しっかりと考えさせられ、そのかんがえには答えはなく、読むたびにいろいろな考えが出てくる。

こんな人におすすめ
失敗した人
学生
経営者

アランの幸福論の内容

本書は、93編のプロポからなる原典(英語版)から、とくに印象的で、わたしたちの心に響名言を訳出し、
「不安と感情について」「自分自身について」「人生について」「行動について」
「人とのかかわりについて」「仕事について」「幸せについて」の7章に分けて再構成したものです。

「幸福であることは他人に対する義務である」
「望んでいることはすべて、人を待っている山と同じ。
自らよじ登っていかなければならないのだ」
「運命は不変ではない。指をパチンと鳴らした瞬間にも、
新しい世界が生まれているのだ」
「嘆きも悲しみも、鳥と同じ。ひょいと留まっては、飛びさっていく」
「まず自分がほほえまなくて、誰がほほえむのか」etc…

時代を超えて読み継がれる1冊を、ぜひお手元に。

(Amazonより)

著者:アラン
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン

 

created by Rinker
¥1,100 (2021/10/17 07:03:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

この本も好きかも?
×