1CHIBONホーム小説「信じる」とはなにか。人生で1番良かった本「星の子」を紹介!
16歳女子高校生の人生で1番良かった本

「信じる」とはなにか。人生で1番良かった本「星の子」を紹介!

この本が人生で1番良かった理由
16歳 女性
高校生

『信じる』とはなにか。正解はなくても答えはあると思えた大切な1冊です。

こんな人におすすめ
人生迷っている人
学生

星の子の内容

林ちひろは中学3年生。
病弱だった娘を救いたい一心で、両親は「あやしい宗教」にのめり込み、その信仰が家族の形をゆがめていく。
野間文芸新人賞を受賞し本屋大賞にもノミネートされた、芥川賞作家のもうひとつの代表作。《巻末対談・小川洋子》

(Amazonより)

著者:今村 夏子
出版社:朝日新聞出版

 

created by Rinker
¥574 (2021/10/17 00:03:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

星の子を無料で見る方法

こちらの本はAmazonの運営するAudibleで聴くことも可能です!初回30日間の無料期間あり。

 

星の子をU-NEXTの無料トライアルで一部、見ることができます!




 

この本も好きかも?
×