1CHIBONホーム小説小説の神様による短編小説。「城の崎にて」のあらすじと感想
28歳女性事務員の人生で1番良かった本

小説の神様による短編小説。「城の崎にて」のあらすじと感想

この本が人生で1番良かった理由
28歳 女性
事務員

必要十分な文章の中に人生の全てが詰まっている。語ることすら野暮。本が苦手な人でも、最初の一文が目に入ればきっと最後まで読むことになる。

こんな人におすすめ
人生迷っている人
本が苦手な人

城の崎にての内容・あらすじ

〝小説の神様〟の世界を味わう、円熟期の作品から厳選された短編集。
交通事故の予後療養に赴いた折の実際の出来事を清澄な目で凝視した「城の崎にて」等18編。

著者における成熟期への移行は、動から静へ、反抗から和解へであった。その口火を切った大正6年の『佐々木の場合』から大正15年の『晩秋』までの代表的作品を収録する短編集第二集。交通事故の予後の療養に赴いた折の実際の出来事を清澄な目で凝視した『城の崎にて』ほか、古美術品のように美しく不動で、著者を〝小説の神様〟と呼ばしめる一因となった『小僧の神様』など全18編。
巻末に詳細な年譜を付す。

(Amazonより)

著者:志賀直哉

created by Rinker
新潮社
¥649 (2024/04/20 12:32:34時点 Amazon調べ-詳細)

この本も好きかも?
×